今話題のにんにくサプリは一体どんな人にオススメできるのか?

今話題のにんにくサプリは一体どんな人にオススメできるのか?

にんにくサプリで期待できることとは?

「にんにくサプリ」と聞いてすぐイメージするのが「滋養強壮」ではないでしょうか。お隣韓国は日本の20倍以上にんにくを食べる、世界一のにんにく大国だそうですが、確かにパワーにあふれていますよね。アイドルのパフォーマンスを見ていると、同じアジア人とは思えない体力です。

今話題のにんにくサプリには、本当に滋養強壮効果があるのでしょうか。

にんにくサプリの滋養強壮効果

にんにくはその効能が経験的に知られてはいましたが、科学のメスが入ったのは最近のことです。日本では「アリチアミン」や「スコルジニン」といった成分が発見され、それぞれの効能が多くの実験で解明されつつあります。にんにくサプリが脚光を浴びるようになったのは、多くの人がその効果を実感しているからでしょう。

①アリイン
にんにくに含まれるアミノ酸です。アリインが分解酵素アリナーゼと結びつくとアリシンに変化し、臭いを発するようになります。
このアリインには、肝臓での脂肪代謝を高める作用があり、脂肪燃焼を促進させます。また、強壮作用、食欲増進、抗酸化作用、殺菌作用、ビタミンB1吸収促進作用などがあるとされています。

②アリシン
アリインが変化した成分です。アリシンには抗酸化作用があります。最近の研究で、疲労は活性酸素が深く関わっていることが明らかになりました。ストレスなどが原因で活性酸素が発生すると、体内のバランスが崩れ、細胞機能が低下することにより栄養分の吸収能力が低下し、エネルギーを作り出せなくなるのです。アリシンの抗酸化作用は活性酸素を抑える働きをするので、疲労やストレスに良いとされています。

③ビタミンB1と「アリチアミン」
疲労回復の栄養素といえばビタミンB1。炭水化物が消化するとブドウ糖になりますが、これをエネルギーに変換する時に必要な成分を作りだす作用があります。ビタミンB1が不足すると、ブドウ糖がエネルギーに変換できず、疲労物質である乳酸に変化してそのまま体内に留まってしまいます。
ビタミンB1は穀物の胚芽に多く含まれていますが、水に溶けやすい上熱にも弱いため、白米を常食にしている日本人は不足気味です。しかも吸収率が悪く、大量に摂取しても尿で排泄されてしまうという難点があります。
ところが、にんにくに含まれる臭い成分アリインが酵素によって変化した「アリシン」は、ビタミンB1と結びついて「アリチアミン」という成分に変化します。この「アリチアミン」はビタミンB1の吸収率を高め、更に余分なB1を体内に貯蔵する作用があるので、ビタミンB1の効果が長く続くのです。

④スコルジニン
にんにくの研究家、故小湊潔氏によって発見された、無臭の有効成分です。彼の研究により、スコルジニンには疲労回復や新陳代謝の促進、血流促進作用があることがわかりました。さらに動物実験により、心臓の筋肉を強化したり、活力の再生、消化促進、老廃物や毒素の排泄、ビタミンB1様の働き、精力増強などの効能があることが明らかになっています。

にんにくサプリはこんな人に特におすすめ

このように各成分に滋養強壮作用があるため、にんにくサプリは以下の方におすすめできます。

・夜の付き合いが多い人
・朝早く、夜遅くまで仕事をしている人
・休みなしで働く人
・体力勝負の仕事をしている人
・いつも疲れた顔をしている人
・朝が苦手な人
・寒い朝が苦手な人
・食生活の乱れが気になる人
・ストレスが溜まっている人
・風邪やインフルエンザに罹りやすい人
・胃腸が弱い人
・冷え性・不眠症の人
・神経痛・筋肉痛の人

疲労回復には、強壮作用だけではなく、疲労物質を排泄することも必要です。スコルジニンの末梢血管拡張作用により血行が良くなり、老廃物や二酸化炭素を体外に排出できるようになると、疲労が回復するのです。

それ以外にも血行促進により冷え性や不眠症、神経痛などの解消効果もあります。現在、動脈硬化、高血圧の予防効果に関する研究も進められています。

にんにくサプリは、これらの症状に効果のあるにんにくのエキスをたっぷり含み、更に特殊製法によって臭いも気にならなくなっています。
臭いが気になってにんにくの摂取がなかなかできない方は、一度にんにくサプリを飲んでみてはいかがでしょうか。少量のお試しサイズもありますから、安心して試すことができますよ。